English

ホールグレイン(全粒粉・全粒穀物)って何?

ホールグレインが体に良いという事は広く知られています。しかし、何故ホールグレインが健康に良いと言われるのかについてはご存知でしょうか?

Anatomy of a grain of wheat

米国農務省は1日3回の食事で各16g、もしくは1日全体の食事を通して最低48gのホールグレインを摂取する事を推奨しています。ホールグレイン自体は小粒な食べ物ですが、心臓病や特定のガンを患うリスクを低くしたり、糖尿病をコントロールする役立ちをしたり、腸を正常に保って体重増加を防ぐ助けを担ったりするのです。では、ホールグレインとは一体どんな物なのでしょう?

Bran, Endosperm, Germ Diagram

ホールグレインとは単に穀物の粒全体という事です。それは穀物の粒としての自然なありのままの姿のことです。精製した穀物とは、白い小麦粉のように胚乳の部分だけを取り出して粉砕したものを言います。胚乳の部位だけという事は、栄養豊富な胚芽やふすまが取り除かれていることを意味し、せっかくの栄養素であるビタミン類やミネラル類、食物繊維や植物栄養素、抗酸化物までもが同時に取り除かれてしまっているという事となります。ふすまは穀物の粒を守る外側の殻の事です。そこには食物繊維やビタミンB群、ミネラル類が含まれています。胚芽は穀物に栄養を運ぶ役割を担う部位で、抗酸化物、ビタミンE、ビタミンB群が豊富に含まれています。

Anatomy of a grain of wheat

穀物の粒を解体すると

ふすま (Bran)
食物繊維、ビタミンB群、ミネラル類
胚乳 (Flour, Endosperm)
炭水化物、タンパク質、ビタミンB群
胚芽 (Germ)
植物性栄養素、ビタミンE、ビタミンB群、抗酸化物

コーンやモロコシも小麦や米と同じ穀物の一種となります。実の穂が大きくなる種類の穀物です。

ホールグレインに含まれる食物繊維は、結腸直腸ガンのリスクを低くする事に関係しています。

©2011 Roman Meal Company. All Rights Reserved.      サイトマップ | プライバシーポリシー | お問い合わせ